/

この記事は会員限定です

LVMH、7~9月期は1割減収 中国頼みが鮮明に

[有料会員限定]

【ウィーン=細川倫太郎】高級ブランド世界最大手、仏LVMHモエヘネシー・ルイヴィトンの業績が回復してきた。2020年7~9月期の売上高は1割減ったが、中国の好調で減収幅は縮小した。新型コロナウイルスの感染が再拡大する欧米は事業の不透明感が強まっており、高級ブランドの「中国頼み」が一段と鮮明になりそうだ。

LVMHが15日発表した20年7~9月期の売上高は、前年同期比10%減の119億5500万ユー...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り844文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン