/

この記事は会員限定です

鋳物の能作、台湾の合弁始動 定着へ日本流こだわらず

[有料会員限定]

鋳物製造の能作(富山県高岡市)は台湾のキッチン金具メーカー、LOTAグループ(路達工業)と11月までに合弁会社を設立する。台湾に本社を置き、現地と中国で金・銀製のテーブルウエアなどの贈答品を販売する。生産には3次元(3D)プリンターを活用する。訪日外国人客に人気となった伝統工芸品の事業者が、海外で通用するかの試金石となる。

「週1回、台湾側とオンラインで打ち合わせを続けてきた。ようやく事業を始め...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り906文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン