/

この記事は会員限定です

ライオン、研究員の単純作業 協働ロボで代替

[有料会員限定]

ライオンは、人のそばで作業できる「協働ロボット」を研究開発(R&D)施設に導入し、研究員の単純作業を代替させる。1人あたり1日最大100分と所定労働時間の2割に上ることもある単純作業を協働ロボに任せ、付加価値の高い研究に充てる時間を増やす。研究分野でまだ進んでいないロボ活用が広がれば、在宅による遠隔実験への道も開けそうだ。

協働ロボ最大手のユニバーサルロボット(デンマーク)のアーム型ロボを10月から本格稼...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り630文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスによる肺炎が中国から世界に拡大しています。関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン