/

この記事は会員限定です

バスタ新宿支える阪急阪神HD コロナ禍、情報通信で稼げ

[有料会員限定]

阪急阪神ホールディングス(HD)が情報・通信事業の育成を急いでいる。手掛けるのはバス管制システムなど交通インフラ向けと、地域を限った通信サービスの2つ。新型コロナウイルス禍で営業赤字の都市交通やエンターテインメントと違い、規模は小さいが2020年4~6月期も増益を記録した。グループ内で培ったノウハウを生かし、沿線外でも事業を展開する。

国内最大級のバスターミナル、バスタ新宿(東京・渋谷)。多いときには1日に1600台にも...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り822文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン