医薬品誇大広告に課徴金
企業法務 変わる制度(9)

2020/10/17 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

改正医薬品医療機器法(薬機法)が2019年11月に成立し、今年から段階的に施行されている。医薬品業界だけでなく、関連する業界にも大きな影響があるため注意が必要だ。

多くの企業活動に影響を与えそうなのが広告にまつわる規制の強化だ。21年8月から医薬品などの効能や効果、製造方法などに対して虚偽・誇大広告をした企業に対し課徴金納付を命じる。きっかけとなったのが製薬大手ノバルティスファーマの高血圧症治療…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]