/

この記事は会員限定です

医薬品誇大広告に課徴金

企業法務 変わる制度(9)

[有料会員限定]

改正医薬品医療機器法(薬機法)が2019年11月に成立し、今年から段階的に施行されている。医薬品業界だけでなく、関連する業界にも大きな影響があるため注意が必要だ。

多くの企業活動に影響を与えそうなのが広告にまつわる規制の強化だ。21年8月から医薬品などの効能や効果、製造方法などに対して虚偽・誇大広告をした企業に対し課徴金納付を命じる。きっかけとなったのが製薬大手ノバルティスファーマの高血圧症治療薬...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り812文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン