同性愛差別的発言に思う 少子化問題と多様性
詩人・社会学者 水無田気流

2020/10/18 4:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

東京都足立区議会で、自民党の白石正輝議員が少子化問題について「同性愛者ばかりになったら次世代が生まれない」と発言し「普通の結婚」の大切さを教えるべきだと強調した。

周知のように日本の「超」少子化は進行の一途をたどっている。2019年の人口動態統計によれば、出生数は過去最少の86万5千人で、合計特殊出生率は前年比0.06ポイント減の1.36となった。

ただこれは「日本社会の性の多様化」が進んだ結果…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]