/

この記事は会員限定です

オプジーボ、消化器系に照準 小野薬品5件承認申請へ

[有料会員限定]

小野薬品工業はがん免疫薬「オプジーボ」で消化器系がんの適応拡大を目指す。国内で最初に投与する「1次治療薬」として、胃がんで承認申請したほか、2022年度までに食道がんなど5件の申請を予定する。がん免疫薬では米メルクが国内首位だが、消化器系はカバーしきれていない。市場規模の大きい1次治療でもオプジーボの適応を拡大し、巻き返しを狙う。

1次治療薬は手術ができない患者にまず投与する薬だ。1次治療で効果が出なかった場...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1180文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン