/

成長戦略会議、16日に初会合 アトキンソン氏ら参加

政府は16日、経済成長のあり方を議論する成長戦略会議の新設を決めた。デービッド・アトキンソン小西美術工芸社社長ら8人を有識者として起用する。同日午後に首相官邸で初会合を開く。菅義偉首相も出席する。

成長戦略会議は経済財政諮問会議が示す方向性に沿って、制度改正などの具体化を担う。これに伴い安倍政権が立ち上げた未来投資会議は廃止する。来年6月ごろに成長戦略をまとめる。年末に中間とりまとめをする。

議長に加藤勝信官房長官、副議長に西村康稔経済財政・再生相、梶山弘志経済産業相が就く。

アトキンソン氏以外の有識者は次の通り。

金丸恭文フューチャー会長兼社長▽国部毅・三井住友フィナンシャルグループ会長▽桜田謙悟SOMPOホールディングス社長▽竹中平蔵慶応大名誉教授▽南場智子ディー・エヌ・エー会長▽三浦瑠麗・山猫総合研究所代表▽三村明夫・日本商工会議所会頭

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン