/

この記事は会員限定です

国会図書館、蔵書のデジタル化加速 遠隔利用も拡充

[有料会員限定]

国立国会図書館が所蔵する書籍などのデジタル化を加速する。電子化が可能な書籍や雑誌など約1240万点のうち、これまで約2割をおよそ20年かけて電子化した。今後は2025年度までに計190億円程度を投じ、さらに165万点を電子化する計画だ。資料の内容をパソコンで全文検索したり、遠隔地からの利用を拡充したりする。

日本で最多の蔵書のある国会図書館のデジタル化は欧米に比べ見劣りしている。著作権法上、国会図...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り533文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン