首相「初心忘れず実行移す」 政権発足から1カ月

菅内閣発足
2020/10/16 9:40 (2020/10/16 16:37更新)
保存
共有
印刷
その他

就任1カ月を迎え、報道陣の質問に答える菅首相(16日、首相官邸)

就任1カ月を迎え、報道陣の質問に答える菅首相(16日、首相官邸)

菅義偉首相は16日、就任から1カ月を振り返り「いろんな課題が山積しているが、初心を忘れず一つ一つ実行に移す」と述べた。「振り返る間もなく早かったというのが率直な感じだ」と語った。首相官邸で記者団の質問に答えた。

看板政策である携帯電話料金の引き下げに言及し「できるものから改革を進め、国民に実感として味わってもらう」とも話した。

加藤勝信官房長官は記者会見で「首相がデジタル庁の設置などの課題を挙げて関係閣僚に指示し、具体的に動き始めようとしている」と説明した。「国民のために働く内閣を掲げている。努力を重ね、スピード感を持って成果を出していきたい」と強調した。

自民党の世耕弘成参院幹事長は記者会見で「極めて具体的にテーマを決めて仕事を動かしていくのが菅流のやり方だ」と評価した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]