ウォール街にFRBの慈雨 債券取引好調でコロナ影響相殺

2020/10/16 5:18 (2020/10/16 5:41更新)
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【ニューヨーク=宮本岳則】米投資銀行が新型コロナウイルスまん延をよそに収益を拡大している。米モルガン・スタンレーの2020年7~9月期の純営業収益は過去2番目の大きさに膨らんだ。米連邦準備理事会(FRB)による金融緩和を追い風に、債券や株式の売買仲介が好調だ。ウォール街と実体経済との乖離(かいり)が浮き彫りになった。

モルガン・スタンレーが15日に発表した7~9月期決算は「記録ずくめ」だった。事…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]