/

米民主・ハリス氏、地方遊説を中断 陣営でコロナ感染

【ワシントン=中村亮】米民主党のバイデン前副大統領の選挙陣営は15日、副大統領候補のカマラ・ハリス上院議員が同日から18日まで地方遊説を中断すると発表した。陣営関係者を含む2人の新型コロナウイルス感染を14日夜に確認し、「十分な注意を払う」ための措置だと説明した。

米民主党の副大統領候補、ハリス氏は15日に南部ノースカロライナ州を訪問する予定だった(写真は8日、アリゾナ州)=AP

ハリス氏の広報部長に加え、遊説などでの移動に使う航空機の乗組員が感染した。バイデン陣営はハリス氏が感染確認前の2日間は2人と濃厚接触していないと説明し「自主隔離の義務はない」と指摘した。一方で「(コロナに)最大限の警戒をとる陣営の方針」を踏まえて遊説を中断すると明らかにした。米メディアによるとハリス氏は検査で陰性だった。

ハリス氏は15日に南部ノースカロライナ州への訪問を予定していた。オンラインでの選挙活動は継続し、19日に遊説を再開する。

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

日経電子版の「アメリカ大統領選挙2020」はアメリカ大統領選挙のニュースを一覧できます。データや分析に基づいて米国の政治、経済、社会などに走る分断の実相に迫りつつ、大統領選の行方を追いかけます。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン