/

この記事は会員限定です

合成樹脂、中国で高まる米国産依存 アジア市況も押し上げ

ポリエチレンの輸入増 関税引き下げ・経済再開で構造変化

[有料会員限定]

代表的な合成樹脂ポリエチレンの最大消費国である中国で、米国産の依存度が急速に高まっている。新型コロナウイルス禍からの立ち直りが早かった中国では、日用品や衛生・包装資材向けの需要が堅調だ。需要の伸びが続くなか、3月に中国が対米関税を引き下げたことをきっかけに米国からの輸入が増えた。

アジア市場の低密度ポリエチレン価格は10月中旬時点で1トン1100ドル前後。9月中旬の2年3カ月ぶり高値に比べ70ドル...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1026文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン