/

この記事は会員限定です

東京ディズニー、もがく夢の国 新エリアでも客数制限

アプリで入場管理 感染対策に腐心

[有料会員限定]
NIKKEI MJ

オリエンタルランドがもがいている。新型コロナウイルスの影響で一時休園していた東京ディズニーリゾート(TDR)を7月に再開したが、コロナ禍は予想以上に長期化。来場者数を抑えつつ、現場では安全面や満足度を高める工夫に取り組むが、先行きは不透明だ。従業員の賃金カットなどにも踏み切る。厳しい現実を前に、「夢の国」はどこへ向かうのか。

入場制限、客数は繁忙期の5割弱

「アニメの音楽とシーンがそのまま再現されていて楽しかった」...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2339文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

「日経MJ」をお手元のデバイスで!

ヒット商品の「売れる」理由を徹底リサーチ。売り場戦略から買い手の最新動向まで、独自に取材。「日経MJビューアー」を使えば、全てのデバイスで閲覧できるようになります。最初の1カ月間無料でご利用いただけます。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン