/

この記事は会員限定です

激辛トウガラシでピクルス、イベントが生む農地の価値

編集委員 吉田忠則

(更新) [有料会員限定]

新型コロナウイルスの感染拡大による社会の変化は、農地の新たな価値に光を当てた。イベント空間としての可能性だ。

東京都国立市にある農園「くにたち はたけんぼ」で9月27日、トウガラシを使ってピクルスを作るイベントが開かれた。集まったのは家族連れなど十数人。イベントを開いたのは、都内でピザレストランを運営する大庭まゆみさんだ。

「超激辛のトウガラシで作ります。最初に味見してみてください」。農園の広場に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1504文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

食の進化論

農政から先進農家、スマート農業、植物工場、さらにカリスマシェフや外食チェーンなど「食と農」に関するテーマを幅広く取材してきた。著書に「見えざる隣人」「農は甦る」「コメをやめる勇気」「農業崩壊」。中国の駐在経験も。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン