/

この記事は会員限定です

南欧国債に流れる日本マネー 薄れる投資の妙味

[有料会員限定]

日本マネーが南欧国債に流れている。イタリアやスペインなど南欧4カ国の国債への国内勢の買い越し超過額は、4~8月期に1.3兆円と過去最大となった。世界的に金利が低下するなか、南欧国債の利回りが相対的に高いことが背景にある。ただ急速な資金流入に加え、南欧諸国の財政不安から、投資妙味は乏しくなっている。

財務省の対外証券投資の統計によると、イタリア・スペイン・ポルトガル・ギリシャの南欧4カ国の中期債への...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1127文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン