コンブや灰から次世代電池材料 大容量で環境に優しく

日経産業新聞
コラム(ビジネス)
スタートアップ
エレクトロニクス
環境エネ・素材
関西
九州・沖縄
福岡
2020/10/19 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

次世代電池の材料開発が熱を帯びている。けん引役はスタートアップや中小企業。思わぬ素材を取り入れたり、他のメーカーや人脈を頼ったりすることで量産化に本腰を入れている。材料は電池の容量や安全性など性能を左右する。競争軸となって開発が盛んになれば、次世代電池の普及も早まりそうだ。現場を追った。

「ぜひ一緒にやりましょう」。東京工業大学発スタートアップのEnpower Japan(エンパワージャパン、東…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]