/

スターフライヤー、都内のアンテナショップ閉店

10月末で閉店するアンテナショップ(画像はスターフライヤーのホームページから引用)

スターフライヤーは15日、東京のJR有楽町駅前にあるアンテナショップ(東京・千代田)を10月末に閉店すると発表した。新型コロナウイルスの影響で旅客需要が落ち込み、業績が悪化しており、コストを削減する。

スターフライヤーのアンテナショップは2018年2月に開店。同社の関連グッズや機内販売商品の一部を取り扱っている。シンボルカラーである黒を基調とした内装を施し、知名度を高める役割を担っていたが、都心の一等地の賃料に見合う効果は得にくいと判断したとみられる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン