/

この記事は会員限定です

連合、衆院比例「原則立民支援」 選挙区は国民民主も

[有料会員限定]

連合は15日の中央執行委員会で、次期衆院選に向けた基本方針を見直した。小選挙区では立憲民主党を支援先の軸としつつ、国民民主党も支援すると正式に決めた。比例代表は「原則、立民を支援する」と明記し、対応に差をつけた。

基本方針は、立民について「政策協定を締結し、連合総体として支援すべく、より緊密に支援体制を構築していく」と記した。

国民民主に関しても「政策協定を締結し候補者を支援していく」との文言を加...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り802文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン