/

諏訪圏工業メッセ、オンラインで商談会 コロナ対応

長野県内最大級の工業展示会「諏訪圏工業メッセ」の実行委員会は15日、新型コロナウイルスの影響で中止になった展示会の替わりにオンライン商談会を開くと発表した。リアルの展示会に出る予定だった約400社に出展を呼びかけるほか、過去の来場者など1万人に招待状を送る。

15日から出展の申し込み受け付けを始めた。長野県内の企業の出展は無料。11月16日からは特設サイトを開設し、出展企業の強みや特徴的な技術などを紹介。「来場者」からの商談案件などを受け付ける。

セミナーや講演会などの関連イベントも開く。来年1月にはインドやインドネシアなど海外バイヤーとのオンライン商談会も予定している。

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン