/

定額給付金、不審メールに注意喚起 官房長官

加藤勝信官房長官は15日の記者会見で、総務省を装った不審メールに関し「国が送付したものでない」と説明した。「リンクにアクセスしないようお願いしたい」と呼びかけた。

メールは1人あたり10万円を配った特別定額給付金の2回目の給付が決まったとの虚偽情報を伝える。15日未明から不特定多数に送付された。

加藤氏は「総務省が消費者庁などと連携し、SNS(交流サイト)やホームページで注意喚起している」と説明した。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン