/

この記事は会員限定です

二重底、三重底のドラマ 映画「スパイの妻」

[有料会員限定]

黒沢清監督初の歴史ものである。ベネチア国際映画祭で銀獅子賞に輝いた。

舞台は太平洋戦争直前の神戸。貿易会社を経営する福原優作(高橋一生)は、妻の聡子(蒼井優)をヒロインに趣味の素人映画を撮ることに興じている。満州へ物資の買いつけに行く際も撮影機材をもっていくほどの映画好きだった。

夫の留守中、聡子は、幼(おさな)馴染(なじみ)の憲兵隊長・津森(東出昌大)と旧交を温めようと家に招く。だが、津森は聡...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り649文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン