変わる宅地のステータス、田園調布より「3A」

価格は語る
コラム(ビジネス)
2020/10/17 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

邸宅街として知られる東京都内の住宅地価の二極化が進んでいる。7月1日時点の基準地価で前年から最も上がったのは港区「赤坂」で、価格も日本一となった。一方、最も下がったのは大田区「田園調布」で、価格は赤坂の10分の1を下回った。都心と山の手の違いはあるとはいえ、なぜこれほど価格の動きに差が生じているのか。

■上昇続く赤坂、麻布、青山

2020年の基準地の価格を詳しくみると、全国の住宅地で最高額となった…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]