/

この記事は会員限定です

東南アジア成長、マイナス幅拡大も 新型コロナ再燃で

移動制限・観光不振が響く

[有料会員限定]

【シンガポール=中野貴司、ヤンゴン=新田裕一】東南アジアで新型コロナウイルスの感染者が再び増え、2020年のマイナス成長が拡大する懸念が出てきた。タイなど封じ込めに成功する国も外国人観光客の受け入れを再開できていない。各国は感染抑制と経済回復の両立に苦慮する。

マレーシア政府は14日から2週間、首都クアラルンプールや周辺のスランゴール州に地域間の移動を制限する活動制限令を出した。生活必需品の買い出...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1078文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン