/

この記事は会員限定です

家電修理をARで遠隔支援、ダットジャパンが実用化へ

[有料会員限定]

システム開発のダットジャパン(札幌市)は家電などの修理作業をAR(拡張現実)で遠隔支援するシステムを開発した。熟練作業員が手指の動きを直感的に指示し、現場と共有する。訪問修理にかかる移動コストを抑えて新型コロナウイルス対策にもなり、2021年春の実用化を目指す。

同社は21年1月から、家電修理の東芝コンシューママーケティング(川崎市)と共同で「どこでも君・修理(仮称)」の実証実験を始める。実際に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り796文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン