タカタ後継、シートベルト不正900万本か 国交省試算
チャイルドシート用も改ざん

自動車・機械
2020/10/15 16:19 (2020/10/15 16:33更新)
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

自動車部品大手メーカーのジョイソン・セイフティ・システムズ・ジャパン(JSSJ、旧タカタ)のシートベルトの品質不正問題で、強度が法令違反にあたる製品が国内だけで900万本にのぼる見通しとなった。国土交通省が15日までに試算した。問題のシートベルトを装備した自動車のリコール(回収・無償修理)も同200万台に及ぶ可能性がある。

JSSJ関係者によると、シートベルトは滋賀県彦根市の工場で生産された。一…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]