JR九州「36ぷらす3」、出発進行 旅行喚起に期待

2020/10/16 15:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

JR九州の新たな観光列車「36ぷらす3」が16日、運行を始めた。豪華観光列車ブームの火付け役となった同社の「ななつ星in九州」と同様に九州を周遊するが、1日単位での乗車が可能と、より気軽に旅を楽しめる。新型コロナウイルスの感染拡大で落ち込んだ旅行需要を喚起し、九州へ観光客を呼び込むことが期待されている。

鹿児島中央駅で16日開かれた記念式典。JR九州の青柳俊彦社長は「九州の魅力を発信し、(外出の…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]