/

この記事は会員限定です

JR九州「36ぷらす3」、出発進行 旅行喚起に期待

[有料会員限定]

JR九州の新たな観光列車「36ぷらす3」が16日、運行を始めた。豪華観光列車ブームの火付け役となった同社の「ななつ星in九州」と同様に九州を周遊するが、1日単位での乗車が可能と、より気軽に旅を楽しめる。新型コロナウイルスの感染拡大で落ち込んだ旅行需要を喚起し、九州へ観光客を呼び込むことが期待されている。

鹿児島中央駅で16日開かれた記念式典。JR九州の青柳俊彦社長は「九州の魅力を発信し、(外出の)自粛解除...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2205文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン