/

松山三越、希望退職に200人応募 全従業員の8割

改装で直営売り場を大幅縮小

希望退職を募集した松山三越(松山市)

松山三越(松山市)が希望退職を募集し、全従業員約250人の8割にあたる約200人が応募したことが分かった。5~7月に募集し、希望者は9月から順次、退職している。12月末までに全員が退職する予定。松山三越は大規模改装している。2021年秋のオープン時は直営売り場を大幅に縮小することを受けて人員を減らす。

希望退職者には退職金を上乗せして支給する。人材サービス会社を活用して再就職も支援しているという。松山三越の関係者は「従業員の意思を尊重した希望退職であり、退職勧奨はしていない」と話している。

松山三越の改装計画では、衣料品や雑貨などの直営売り場を2~4階に集約する。上層階にはホテル、1階や地下には瀬戸内の食や土産物の専門店などを配置し、テナントとして地元企業を誘致している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン