/

この記事は会員限定です

[FT]英情報機関のスパイ対策、ロシアより中国優先

[有料会員限定]

英国内の情報活動を担う英情報局保安部(MI5)のケン・マッカラム新長官は14日、中国のスパイ行為への対策を「さらに強化する」方針を明らかにした。英国に敵対的な複数の国による脅威が高まっていることが背景にある。

4月に長官に就任したマッカラム氏はテレビ電話を通じて初の公式会見を開き、情報機関は優先順位をつけがたい様々な脅威に対峙していると強調した。

長官は「ロシア、中国、イランなどによる安全保障を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1946文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 国内 海外 感染状況 論文・調査 Nikkei Asia

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン