/

この記事は会員限定です

雲仙温泉の復活担う「レンジャー」 雲仙市の加藤さん

興すパーソン

[有料会員限定]

長崎県雲仙市が観光復活へ本格的に動き出した。6月に「雲仙市観光戦略」を作成し、まず1990年の雲仙普賢岳の噴火以降、観光客減少に苦しむ雲仙温泉の活性化に取り組む。プロジェクトを引っ張るのが、4月に環境省の「レンジャー」(自然保護官)から市に出向し、観光商工部理事を務める加藤雅寛さんだ。

「こいで本当にできると?」「予約方法をシンプルにした方がお客さんには親切」。9月17日、雲仙温泉で開かれた市の観...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り790文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン