/

中国5県の鉱工業生産、8月は0.8%上昇

中国経済産業局がまとめた中国5県の8月の鉱工業生産指数(2015年=100、季節調整済み、速報値)は、前月比0.8%高い89.1だった。上昇は3カ月連続。新型コロナウイルスの影響が落ち着いてきたものの、自動車の回復が鈍化したことで小幅の改善にとどまった。生産指数の基調判断は「持ち直しの動き」で据え置いた。

業種別の生産指数は、自動車や同部品を含む輸送機械工業が11.2%上昇の82.6だった。欧米などでの新型コロナの感染再拡大を受けて海外需要が低迷しつつあり、上昇幅は鈍化した。生産用機械工業は29.9%低い85.3。夏季休暇による稼働日数の減少の影響が出た。

個人消費と、生産や消費を含めた経済動向全体の基調判断はいずれも据え置いた。

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン