/

デザインホテル超える「個だわり」 我流の美意識貫く

繁田善史・ブレイブマンホスピタリティ&リゾーツCEO(下)

ホテル「モガナ」は創業3年目を迎える 繁田善史・ブレイブマンホスピタリティ&リゾーツCEO

創業1年目から「ミシュランガイド」の三つ星(スリーパビリオン)評価を保ち続ける京都市のホテルが「MOGANA(モガナ)」だ。レストランも客室内テレビもない宿に、2018年のオープン以来、アートやファッション業界の泊まり客が絶えない。わずか23室の宿に、デザイン好きを呼び込むのは、日本文化に根差した、オーナー夫妻独自の美意識だ。

<<(上)1年目から三つ星 素人力で「好き」凝縮した23室の宿

ありきたりのデザインホテルとは趣が異なる。いわゆる「デザインホテル」は建物や内装のスタイリッシュなセンスを売り物にしているケースが多い。「モガナ」も見た目上のデザイン性は十分すぎるほどに高いが、多くのデザインホテルと決定的に異なるところが一つだけある。外観はもちろん、内装、調度品、サービスに至るすべてがオーナー夫妻の目利きで選ばれている点だ。

一般的なホテルビジネスでは経営者と設計・内装・サービス担当者が分かれていて、誰かのデザインポリシーで全体を貫くのは難しい。予算的な制約や業界の慣習もまぎれ込みやすい。部屋に置かれる衣類や雑貨、消耗品を選ぶ人の資質にはばらつきがある。当たり前の話だ。服にも食器にもスキンケアにも通じた人材がそうそういるわけもない。分業にならざるを得ず、デザイン意識はまとまりを欠きがちだ。

競合他社との横並び意識や、批判を避けやすい無難な選択などが加わって、ますますホテルは個性を失っていく。納品実績を武器に売り込んでくる専門業者がさらに均質化を進める。バスルームや洗面スペースに置かれているアメニティー類をみれば、大型ホテルはかなり似たり寄ったりの印象がある。

分業と合議で決まる仕組みはホテルをつまらなくしがちだ。しかし、「モガナ」ではあらゆる調度品、アメニティーなどに関してオーナー夫妻が自ら決断を下している。そして、それぞれの由来を尋ねれば、待ってましたとばかりに語り出す。しかも熱っぽく。なぜなら、「自分たちがほれ込んだ品しか置いていない」(繁田氏)からだ。「こんなホテルがあったらいいな」という思いを託した、古語の終助詞「もがな」はお飾りではない。

泊まり客が触れる、部屋にしつらえてある品々にはオリジナルに企画されている物が少なくない。つまり、出来合いの市販品ではない。管理の手間を省くことがホテル運営のポイントであることからすれば、これ自体がかなり異例といえるが、繁田氏は「旧来のホテル経営の常識に迎合するつもりはない」という。

独自の目利きでよりすぐった逸品ぞろい

「ダイソン」のドライヤーのような家電製品は別にして、多くは日本の伝統工芸作家や国内のデザイナーと語り合ってデザインを作り起こした。自分たちが好きなプロダクトを、もっと広く知ってもらいたいという思いが下地にある。ただ、ホテルの「備品」となる以上、泊まり客にとっての使い勝手を盛り込んでもらう必要があり、「じっくり相談した」(繁田氏)。丁寧な練り上げの末、日本のよさを伝える「ジャパンクール」にとどまらない、独自の「繁田クール」が生まれた。

たとえば、草履に似た部屋履きサンダルはファッションブランド「matohu(まとふ)」のファブリックを鼻緒に使っている。ソファに置かれたクッションや洗面台にある歯ブラシ(歯科医師が監修)も「まとふ」が手がけた。デザイナーデュオの一人である堀畑裕之氏も繁田氏と同じ地元・京都の同志社大学卒で、京都に縁が深い。東京コレクションの看板的存在となっているブランドだけに、何ともぜいたくなキャスティングだ。

「京都だけに限定しているわけではない」と繁田氏が言う通り、国内各地の創り手に目が行き届いている。金沢市のプロダクトデザイナー・原嶋亮輔氏は作務衣(さむえ)に似た和風の部屋着をデザインした。フェイスタオルは「今治謹製」。水を受けてカッコーンと鳴る「ししおどし」を思わせる形のダストボックスを手がけたのは福井県発のライフスタイルブランド「MOHEIM(モヘイム)」だ。「日本文化のよさを発信していきたい」というオーナー夫妻の思いがうかがえる。

坪庭が見えて盆栽もある「MOGANA GARDEN」の部屋

挙げていけばきりがないほど、たくさんのブランドやクリエイターが選ばれている。言い方を変えれば、統一されていない。しかし、全体として眺めると、不思議に互いがなじんで映る。繁田氏は「同じテイストでまとめすぎてしまうと、かえって退屈に感じられる。あえてそれぞれをずらすことによって、全体として趣が深くなる」と、破調のハーモニーを説明する。

部屋の造作も凝っている。6~8階に1室ずつある「MOGANA ROOM」はそれぞれに雰囲気の異なる特別ルームだ。6階の「MOGANA GARDEN」は京都の伝統的な坪庭の眺めが楽しめる。室内には盆栽も置かれている。8階の「MOGANA BLACK」は名前の通り、黒主体のシックなたたずまい。バスタブは「アフリカ・ジンバブエから黒御影石を運び込んでこしらえた」(繁田氏)。こういったグローバルな目利きには、夫妻が世界を旅した経験が生きている。

「SHIGETA PARIS(シゲタ)」のアメニティーがあるホテルは世界でここだけ

泊まった女性客を喜ばせるのは、アメニティーの特別感だ。化粧スペース・バスルームに足を踏み入れた女性客の多くは、パリのオーガニックコスメブランド「SHIGETA PARIS(シゲタ)」のシャンプーやボディーウォッシュを見て驚くようだ。「モガナ」は「シゲタ」との間で、世界初のコラボレーションを実現している。このオンリーワンを求めて予約を入れる例も珍しくないという。

もともと妻の有子さんが「シゲタ」のスキンケア商品を愛用していた。ホテルを開くと決まり、アメニティーブランドを選ぶにあたって、有子さんに迷いはなかった。ただ、どこのホテルとも組んでいなかった「シゲタ」からは再三、難色を示されてしまう。それでもあきらめなかった有子さんのたび重なるお願いの末に、ようやくOKが出た。「妥協する気はなかった。そんなの意味がない。自分が信頼を持てるスキンケア商品でないと、お客様に自信を持って提供できない」という熱意が世界初のコラボを実現に導いた。

イノベーション思考は京都流

「オンリーワン」は創業の志でもあるだけに、特別な体験の提供に力を入れてきた。天龍寺では塔頭(敷地内にある子院)「宝厳院」の非公開エリアから庭園を眺め、京料理の名店「嵐山熊彦」の料理を味わえるプランを提供した。モガナのゲストだけに許された、庭園を堪能できる貸切夜会。京都の古刹につてがなければ企画しようのないプランだ。今はコロナ禍のせいで、開催を見合わせているプランが多いが、「モガナから丁寧にお願いすれば、話を聞いてくださるお寺や料亭がある。別館のような感覚で、ホテルを使って、いろいろな京都を体験してほしい」と、繁田氏はプライベートなエージェント役を買って出る。

南部鉄器の急須をはじめ、茶器類も選び抜かれている

無線LANは用意されているが、部屋でスマートフォンやパソコンを取り出す気にはあまりならない。むしろ室内に置かれた南部鉄器の急須で緑茶を淹(い)れて、ゆっくり本でも読みたくなる。実際に本を持ち込んで読書三昧にふける客も珍しくないという。京都・宇治の老舗「丸久小山園」の茶葉と、山中漆器(石川県)製の茶筒・湯飲みが用意されている。京都の有名店「AMANO COFFEE ROASTERS(アマノ コーヒー ロースターズ)」の自家焙煎コーヒーも選べるが、電動コーヒーメーカーではなく、ハンドドリップ器具をそろえているのが「モガナ」らしい。

テレビはないが、Bang & Olufsen(バング&オルフセン)社製スピーカーから澄んだ音楽を流せる。調度品や盆栽を愛(め)でて、和の美しさを再確認する機会にもできそうだ。気ぜわしさから離れる「デジタルデトックス」にはうってつけのリトリート(隠れ家)だろう。繁田氏は「日常の中にうまくリセットの時間を組み込んでほしい」と関西の地元居住者に普段使いを誘いかける。

普段使いを織り込んだ会員制度を8月に立ち上げた際には、クラウドファンディングを活用した。三つ星ホテルにしては珍しい、今風の取り組みとも映るが、繁田氏は「どんどん進化していくのは、むしろ京都のやり方」という。産業界に目を向ければ、京都は新しい企業を育んできた街でもある。ローム村田製作所島津製作所などの京都発企業も「過去にとらわれない京都思考の表れ」(繁田氏)。ホテルや観光業の経験を持たない夫妻ならではの「素人感覚」は業界の慣習や固定概念に邪魔されない点で、歴代の京都ベンチャーに連なってみえる。

コロナ禍は旅のありようを書き換えた。ホテルはビジネスモデルを根本から見直す必要に迫られている。しかし、繁田氏は「一見、不自由になってしまった日常生活に新たな楽しみを生み出す『デュアルライフ=京都での2拠点生活』」を提案。いち早く旅とホテルの新イメージを打ち出した。駆け足で京都観光をこなすのではなく、その日はたまたま京都に住まうといった、しなやかに過ごす時間は「丁寧な暮らしの延長線上にある」と繁田氏はみる。「モガナ」がそんな伸びやかで気負わない「旅」の居場所を引き受けてくれるのは、言わずもがなだ。

<<(上)1年目から三つ星 素人力で「好き」凝縮した23室の宿

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

管理職・ミドル世代の転職なら――「エグゼクティブ転職」

5分でわかる「エグゼクティブ力」
いま、あなたの市場価値は?

>> 診断を受けてみる(無料)

「エグゼクティブ転職」は、日本経済新聞社グループが運営する 次世代リーダーの転職支援サイトです

NIKKEI 日経HR

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン