/

この記事は会員限定です

首脳陣に役所式の呼び名 郵政の先祖返り

経済部 杉原淳一

[有料会員限定]

「分割民営化から10年以上たって、ここのところ急速に『役所』に戻ってきた感じがする」。郵政省、郵政事業庁、日本郵政公社、そして日本郵政グループと、この20年間で所属する組織の名前が3回変わった中堅社員はそう自嘲する。

昨年、かんぽ生命保険の不正販売問題というかつてない危機に見舞われた郵政グループは、民間企業から呼び集めた経営者をほぼ更迭する事態にまで発展した。

後継としてグループ各社の新社長に就いたのはいずれも中央省庁...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り897文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

ニュースの裏側や隠れた視点、次の展開を読む動きを紹介するコラムです。原則、週初に公開します。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン