/

この記事は会員限定です

東京・虎ノ門のJTビル、住友不動産が取得へ 数百億円

コロナ禍でも優良物件に投資

[有料会員限定]

日本たばこ産業(JT)が売却予定の東京・虎ノ門のJTビルを住友不動産が取得することが14日、わかった。10月中に契約を結ぶ予定だ。取得額は数百億円。新型コロナウイルスで在宅勤務など多様な働き方が広がっている。オフィスの在り方を模索する企業も増えているが、住友不は都心の一等地の優良物件は根強い需要があると判断したもようだ。

JTビルはJTの旧本社跡地に建設された地上35階、高さ約170メートルの超高層ビルだ。1...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り617文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン