/

この記事は会員限定です

地元企業が調整役か 学校PC巡る談合疑惑

[有料会員限定]

広島県や広島市が発注する学校用パソコンなどの入札を巡る談合疑惑で、公正取引委員会が立ち入り検査した14社のうち地元6社が受注業者を決める会議を開いていたことが14日、関係者の話で分かった。地元の入札情報に詳しい業者が談合を主導したとみて、公取委は実態解明を進める。

公取委は13~14日、NTT西日本や大塚商会の広島県内の支店など14社の関係先を独占禁止法違反(不当な取引制限)容疑で立ち入り検査した。

14社...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り257文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン