コンビニから宇宙まで縦横「無人」 アバターロボ続々

日経産業新聞
コラム(ビジネス)
2020/10/16 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

スタートアップ各社が開発するアバター(分身)ロボットが活躍の場を広げている。遠隔から人が操作しコンビニで商品を並べたり、宇宙で特定のミッションを遂行したりする。実証テストの段階だが、人手不足や人が出向くのが難しい現場で実力を見せ始めた。災害や感染症まん延時でも現場に立つ必要がある「エッセンシャルワーカー」にとっても福音となる。現場を追った。

コンビニの冷蔵コーナーで飲み物を選んでいると、棚の後ろ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]