/

天満屋岡山本店、8カ月ぶり物産展 感染対策を徹底

百貨店の天満屋の岡山本店(岡山市)で14日、8カ月ぶりの物産展となる北海道展が始まった。2月の京都展以来、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で軒並み中止となっていた。コロナ対策として整理券による入場制限を設け、7階催場への導線をエスカレーターに限定。通路の間隔を従来比で2倍ほどに広げたほか、屋上を弁当のイートイン向けに開放した。

通路を広げるなどのコロナ対策を講じた(14日、岡山市の天満屋岡山本店)

1年前の前回と比べて出店社数は3割減の70社にとどまるが、商品はほぼ同じ約1400種類を用意。一部の商品は、電話やインターネットでも注文を受け付ける。同日は午前10時の開店前に約140人が行列を作り、お目当ての海の幸や弁当などを買い求めた。21日からは会場を追加し、11月4日まで開く。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン