/

この記事は会員限定です

コロナ集団感染に警戒感 埼玉県など、劇団で70人超

[有料会員限定]

埼玉県内で新型コロナウイルスのクラスター(感染者集団)発生への警戒感が強まっている。さいたま市内の劇団の稽古場で70人以上のクラスターが発生したほか、外国人学生や自衛隊員にも広がる。埼玉県やさいたま市は原因の究明や再発防止に向け、対策を急いでいる。

「クラスターが発生する場所には一定の理由がある。密をつくらない、距離を取るなど感染対策を改めてお願いしたい」。大野元裕知事は14日、県民や事業者に注意...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1134文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン