/

この記事は会員限定です

中国、親密国懐柔へ外交攻勢 香港国安法で賛否割れる

強権の中国

(更新) [有料会員限定]

6月末の国連人権理事会で香港国家安全維持法への支持を得ようと、中国は各国に激しい外交攻勢をかけた。懸念を表明した日欧など27カ国に、2018年に同理事会を脱退した米国以外にも主要7カ国(G7)で入っていない国がもう一つある。イタリアだ。

イタリアは19年、中国の広域経済圏構想「一帯一路」にG7で初めて参加を表明した。新型コロナウイルスの感染拡大で3万人超の死者が出たイタリアに、中国はマスクや人工呼...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1013文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン