/

この記事は会員限定です

菅政権1カ月、面会した民間人70人 政策に知見反映

(更新) [有料会員限定]

菅内閣の発足から16日で1カ月を迎える。菅義偉首相は13日までに70人以上の民間人と会い意見を聞いた。過去の首相と比べてもその人数は群を抜く。面談した人材のなかから内閣官房参与や政府会議のメンバーも起用し、行政のデジタル化などの看板政策に専門家の知見を反映する。

日本経済新聞が掲載する首相動静「首相官邸」を基に回数や面会相手を分析した。首相が閣僚や省庁幹部と面会した回数は13日までに115回、民間...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1427文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン