/

三菱重工、ノルウェーの水素製造装置会社に出資

三菱重工業本社

三菱重工業は14日、水素製造装置を手がけるノルウェーのハイドロジェンプロに出資したと発表した。同社の新規株式公開に合わせ、新株購入に応募した。同社への出資を通じ、再生可能エネルギーでつくられる「グリーン水素」の製造・供給に進出する。

ハイドロジェンプロは2013年に設立され、加圧アルカリ槽を用いた水電解技術で1日あたり水素を4.4トンつくれる9千キロワット級の水電解式水素製造装置を開発済みだ。現在、水素を日産48トンつくれる新たなプラントの実用化を進めている。

欧州では再エネ由来のグリーン水素に注目が集まっている。フランスでは30年までにグリーン水素の製造能力を650万キロワットまで高める目標を掲げており、EU全体では30年までに4千万キロワットの水素製造能力を獲得する構想を打ち出している。

三菱重工は同社への出資を通じて、グリーン水素の製造・供給を手掛けるほか、つくられた水素を発電システムや肥料製造、製鉄分野などに活用する方法を開発する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン