/

この記事は会員限定です

3D活用で職人技継承 中堅・中小など全国38社

[有料会員限定]

関西を中心とした全国30社余りの中堅・中小企業が3次元(3D)技術を活用したものづくりに挑んでいる。機械商社の立花エレテック(大阪市)を軸に、設計図面のデータ化や3Dプリンターを使った生産などの技術習得を目指す。中国などとの競争を生き抜いた中堅・中小が3D技術で熟練工の高齢化や開発期間の短縮などの課題に対応できれば、日本の製造業の足腰を一層鍛えることにつながりそうだ。

セ氏300度に熱した砂の塊に700度に溶け...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1676文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン