/

この記事は会員限定です

[社説]安心で質の高い不妊治療に

[有料会員限定]

菅義偉首相が不妊治療への保険適用を打ち出した。制度を詰める間、助成の所得制限をなくす検討もする。年間の出生児の16人に1人が体外受精で生まれる現状に照らせば妥当な判断だ。安心して質の高い治療を受けられるよう丁寧な制度設計が必要だ。

日本産科婦人科学会のまとめでは不妊治療は年間45万件を超え、多くは体外受精だ。女性の子宮や卵管、男性の精巣の病気のほか、仕事や介護の事情など、治療の理由は多岐にわたる。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り587文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン