ニコン、ミラーレスのフルサイズ機2機種を発売

エレクトロニクス
2020/10/14 18:35
保存
共有
印刷
その他

ニコンは14日、ミラーレス一眼カメラの新製品を2機種投入すると発表した。「Z6 2」は11月、「Z7 2」は12月にそれぞれ発売する。「フルサイズ」と呼ばれる大型画像センサーを持つミラーレス機で、2018年に発売した「Z6」と「Z7」のそれぞれの機能を改善した後継機。自社のカメラを使うプロやハイアマチュアのニーズを新製品に反映することで、顧客の囲い込みを図る。

画像処理エンジンや記録方法などを改善した

連写性能や暗所での撮影性能が特色のZ6 2を11月6日に、有効画素数が4575万画素と高精細な画像が撮影できるZ7 2を12月中にそれぞれ発売する。両製品とも記録媒体を2枚搭載できるようにして使い勝手を高めたほか、画像処理エンジンを2つ搭載することで連続撮影ができる写真枚数を増やしてオートフォーカスの性能を向上したという。

消費電力を抑える機能を新たに加え、稼働時間を延ばす外付けのバッテリーパックを11月6日に発売する。一眼レフに比べて稼働時間が短いミラーレスのデメリットを補うことで一眼レフの既存ユーザーへの訴求力を高めた。

価格はオープンだが、Z6 2の本体は26万8400円、Z7 2の本体は39万8200円を想定する。2機種をあわせて月産約2万台を予定する。(橋本剛志)

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]