監視カメラで検温0.3秒 JVCケンウッド、20年内に
接触者把握の新サービス

スタートアップ
エレクトロニクス
AI
2020/10/15 11:00 (2020/10/15 21:46更新)
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

JVCケンウッドは新型コロナウイルスの感染拡大に合わせ、監視カメラを使った検温や濃厚接触者の行動が確認できる新サービスを年内に始める。顔のデータは最大で100万人まで登録できる。オフィスなど人が多く出入りする場所での感染防止対策の需要を取り込む。

子会社のJVCケンウッド・公共産業システム(JKPI、横浜市)が手掛ける。提携先の米スタートアップ、アトムロックの人工知能(AI)技術を活用する。入り…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]