/

ウーバーイーツ、配達員に安全実技講習 京都で国内初

料理宅配の「ウーバーイーツ」を手掛けるウーバージャパン(東京・渋谷)は14日、京都市内で配達員を対象にした交通安全実技講習を開いた。京都府警の協力のもと、自動車教習所のコースを使って実施。自転車の実技ではスマートフォンで地図などを確認する「ながら運転」も盛り込み、危険性を訴えた。ウーバーの実技講習は今回が国内で初めて。

京都市内で配達員をしている約50人が参加した。まず、最近の交通事故の動向などを座学で説明。実技は自転車とバイクに分かれ、警察の指導員の指示に従い、運行前の車両の安全点検や法規走行などを実際に体験した。

ウーバーはこれまでも警察と協力し、座学による交通安全講習を実施している。配達員がより「安全」に働くことができる環境を整えるため、事故によるけがなどの補償制度を拡充するとともに実技講習の準備を進めてきた。京都市での開催を手始めに今後も各地で実技講習を開催していく。

現在、ウーバーは全国28の都道府県で料理宅配を展開。京都府内では京都市の上京区や中京区など6区を中心に1200店以上の料理の宅配ができるという。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン