/

この記事は会員限定です

浜松のASTI、コロナで多角化急ぐ 医療機器など

[有料会員限定]

車載電装品などを手掛けるASTIが事業の多角化を進める。1日に社長に就いた波多野淳彦氏はインタビューで「医療機器などの新規事業で2年後に黒字化をめざす」との方針を明らかにした。コロナ禍で打撃を受けるなか収益源を増やし経営の安定性を高めたい考えだ。

波多野社長は「3~4年後に連結売上高600億円をめざす」考えも明らかにした。2020年3月期は前の期比4%減の454億円だった。同目標は、来夏の策定をめざす新中...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り781文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン