消える生物4万種、国際社会関心なく 国連目標は全滅

環境エネ・素材
コラム(テクノロジー)
科学&新技術
政治
2020/10/15 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

地球上の生物多様性が危機に直面している。国連は9月、2020年までの国際的な生物多様性の計画「愛知目標」について達成状況をまとめた。計画で掲げた20個の目標では完全に達成されたのは一つもなかった。森林破壊や海の汚染は止まらず生き物が生息する環境は悪化し、絶滅する種が後を絶たない。生物から様々な恩恵を受ける人間社会への悪影響も懸念される。

愛知目標は10年に名古屋市で開かれた生物多様性条約第10回…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]